森永製菓ヘルスケア事業部は、レスベラトロールに比べOH基が1つ多いポリフェノールであるピセアタンノール(3,4,3',5'-テトラヒドロキシ-トランススチルベン)を多く含むパッションフルーツ種子エキス「パセノール」を事業化する。商標のパセノールは2013年2月末に出願した。展示会では2013年5月8日から10日に東京ビッグサイトで開かれるBIOtech2013、5月15日から17日に同所で開かれるifia JAPAN 2013/HFE JAPAN 2013」で発表する。学会では5月11日から12日に京都市で開かれる第13回FFC国際会議で2演題、次いで名古屋市で開かれる第67回日本栄養・食糧学会大会で5月26日に5演題連続で、健康機能性の研究成果を発表する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)