米Merck社と米Pfizer社は、2013年4月29日、Pfizer社が2型糖尿病を適応として臨床開発を進めているナトリウム-グルコース共輸送体2(SGLT2)阻害薬ertugliflozin(PF-04971729)の開発と商品化を目指して、日本を除く世界的な協力契約を結んだと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)