スイスF. Hoffmann-La Roche社は4月26日、皮膚がんの中でも発生頻度の高い基底細胞がんの治療薬として、ヘッジホッグシグナル伝達経路を阻害する経口薬vismodegib(商品名Erivedge)の条件付き承認を欧州医薬品委員会(CHMP)が勧告したと発表した。適応は、症候性転移性基底細胞がんもしくは手術療法や放射線療法が不適切な局所進行基底細胞がんとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)