2013年3月、中国でヒトにインフルエンザ様疾患が発生し、一部の患者が死亡する感染を引き起こした病原体として、新規のH7N9型鳥インフルエンザウイルスが同定された。中国農業科学院、Harbin獣医学研究所のChen Hualan教授が率いる研究グループは2012年4月25日、この新規H7N9型鳥インフルエンザウイルスの発生源を調査した研究結果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)