米T2 Biosystems社は、2013年4月24日、敗血症の原因となるカンジダ5種を迅速かつ高精度に検出する診断用製品「T2Candida」の有用性を示すデータが、Science Translational Medicine誌同日号に報告されたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)