米Merck社は2型糖尿病治療薬であるシタグリプチンについて、インドGlenmark Pharmaceutical社が販売するジェネリック薬(商品名Zita)の販売差し止めを巡り係争中であった。シタグリプチンは2007年に米国で初めて上市されたDDP-IV阻害薬であり、主にJanuviaの商品名で、Merck(MSD)社からインドを含む世界で販売されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)