今後1、2年でブロックバスター入りする生物学的製剤の候補として、「アクテムラ」(トシリズマブ、スイスRoche社/中外製薬)、「シンポ二ー」(ゴリムマブ、米Johnson&Johnson社/田辺三菱製薬)、「イェルボイ」(イピリムマブ、Bristol-Myers Squibb社)を挙げる。2012年における売り上げについて見ると、トシリズマブは前年同期比42%増の9億2000万スイスフラン、ゴリムマブは同48%増の6億700万ドル、イピリムマブは同96%増の7億600万ドルと、2桁成長を達成した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)