規制改革会議の健康・医療ワーキンググループ(WG)は2013年4月19日に第3回WGを開催し、国際先端テストの「一般健康食品の機能性表示を可能とする仕組みの整備」について、「坂戸市葉酸プロジェクト」で成果を挙げている埼玉県坂戸市の健康スポーツ推進課、健康食品の関連団体である日本通信販売協会(JADMA)と日本健康・栄養食品協会(JHNFA)、規制官庁の消費者庁と厚生労働省からヒアリングを行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)