理化学研究所脳科学総合研究センター(BSI)の川崎真弘・脳リズム情報処理連携ユニット客員研究員/筑波大学システム情報系助教と山口陽子・神経情報基盤センター長らは、2人が言語コミュニケーションをしている時の脳波を同時に計測して解析する手法を確立し、発話リズムが同調すると脳波リズムも同調することを見いだした。英Nature Publishing Group社のオープンアクセス電子ジャーナルであるScientific Reports誌で2013年4月22日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)