米エネルギー省(DOE)傘下のLawrence Berkeley National Laboratory(Berkeley Lab)は2013年4月7日、酵素セルラーゼの触媒作用について画像解析で解明したと発表した。固体表面上の触媒作用はまだよく理解されておらず、先進バイオ燃料の生産用として使われる発酵性糖類をセルロースバイオマスから遊離するセルラーゼ酵素群については特にそういえる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)