遺伝子変異が原因となって発症する疾患の患者から、ヒト人工多能性幹細胞(ヒトiPS細胞)を作製し、病気の研究に使う。2013年3月22日、横浜市のパシフィコ横浜で開催中の日本再生医療学会総会で研究の具体例が発表され、課題や解決策が議論された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)