再生医療学会、「失敗」からも発見が多いiPS細胞疾患モデル研究

(2013.03.22 17:00)1pt
増田智子

 遺伝子変異が原因となって発症する疾患の患者から、ヒト人工多能性幹細胞(ヒトiPS細胞)を作製し、病気の研究に使う。2013年3月22日、横浜市のパシフィコ横浜で開催中の日本再生医療学会総会で研究の具体例が発表され、課題や解決策が議論された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧