日本の創薬ベンチャーの開発パイプラインで臨床段階にある品目数は91であることが判明した。オンコセラピーの開発品目が急増。10以上の臨床試験が実施されている。そーせいのCOPD治療薬、J-TECの培養軟骨など大型化を期待できる製品が承認された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)