神戸学院大学栄養学部栄養学科食・健康学部門の水品善之准教授(神戸学院大ライフサイエンス産学連携研究センターを兼任、写真中央)らは、大豆加工品の健康機能に関する研究成果を、仙台市で開かれる日本農芸化学会2013年度大会で2013年3月26日に発表する。独自製法による蒸し発芽大豆商品「スーパー発芽大豆」を2012年11月に商品化した小倉屋柳本(神戸市)開発本部開発研究室と共同で、比較した3種類の大豆加工食品の中で哺乳類DNA合成酵素(DNAポリメラーゼ、以降polと略記)を阻害する活性が最も強いのが、蒸し発芽大豆であることを見いだした。この研究は、兵庫県COEプログラム推進事業(本格的研究開発移行枠)の2012年度補助金で実施された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)