Life Technologies社とHarvard大学、多能性幹細胞株の特性分析ツールの開発目指し協力

(2013.03.06 09:00)1pt
大西淳子

 米Life Technologies社は、2013年3月4日、米Harvard大学と共同研究契約を結び、ヒト多能性幹細胞(ヒトES細胞とiPS細胞)株の有用性を迅速に評価する技術を開発するための独占的な権利を得たと発表した。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧