大塚製薬は2013年3月1日、米食品医薬品局(FDA)が2月28日に抗精神病薬「Abilify Maintena」(アリピプラゾール持続性懸濁注射剤)を承認したことを発表した。この承認は、大塚製薬の経営上の大きな課題解決で大きく前進したことを意味する価値あるものである。ちなみに、取得した適応症は統合失調症である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)