FDAが大塚製薬のアリピプラゾールの持続性注射剤を承認、経営課題の解決に大きく前進

(2013.03.04 15:54)1pt
伊藤勝彦

 大塚製薬は2013年3月1日、米食品医薬品局(FDA)が2月28日に抗精神病薬「Abilify Maintena」(アリピプラゾール持続性懸濁注射剤)を承認したことを発表した。この承認は、大塚製薬の経営上の大きな課題解決で大きく前進したことを意味する価値あるものである。ちなみに、取得した適応症は統合失調症である。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧