日経バイオテク2月25日号「業界こぼれ話」、第一三共のエキソンスキッピングは何番か?

(2013.03.01 07:34)1pt

 第一三共が産業革新機構の資金を活用し難病治療薬の開発に乗り出したニュースは、大手製薬企業がリスクの高いオーファンドラッグ開発に取り組む際の新しいモデルとして注目を集めた。実用化を目指すのはデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)の治療薬。核酸医薬により遺伝子上の異常なエキソンをスキップし、正常なたんぱく質の産生を促すというのが作用機序である。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧