シンバイオ製薬が2012年12月期決算発表、吉田社長「日本人データの発表でドラックラグが発生した」

2013年2月22日 07:551pt

伊藤勝彦

 シンバイオ製薬は2013年2月20日、2012年12月期決算の報告会を東京で開催した。主力製品「トレアキシン」(塩酸ベンダムスチン)の売り上げは拡大したが、適応拡大では足踏みの状態が続いている。

ここから先をお読みいただくには、会員登録が必要です。

日経バイオテクについて
購読・メルマガお申し込み
日経バイオ年鑑2016

ランキング

1位
富士フイルムが和光純薬工業の買収を検討
2位
日本再生医療学会、自由診療の再生医療に対する補償制度を創設
3位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―生物学的製剤編
4位
中外製薬、T細胞のCD3と癌細胞のGPC3架橋する二重特異性抗体の開発開始
5位
日経バイオテク9月15日号「特集」、ドラッグリポジショニング
6位
日経バイオテク6月27日号「特集」、骨髄由来の高機能な細胞集団が続々
7位
デンカ生研、癌治療用ウイルス製剤の製造設備を建設
8位
中外、アトピーに対する抗IL31受容体A抗体をスイスGalderma社に導出
9位
日経バイオテク7月11日号「パイプライン研究」、炎症性腸疾患治療薬
10位
駒込病院、肝硬変に対する蛋白質間相互作用阻害薬の医師主導治験で進捗
1位
日経メディカル7月号より、第1部 拡大する画期的新薬の市場
2位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―生物学的製剤編
3位
Wmの憂鬱、臨時国会で成立する臨床研究法で日本の臨床研究はどう変わるのか?【日経バイオテクONLINE Vol.2485】
4位
日経メディカル7月号より、第2部 薬価算定ルールの現状と課題
5位
杏林製薬、炎症・免疫・感染症でファースト・イン・クラス目指し創薬
6位
「数年前から技術紹介し、1年ほど前から協議」と高山社長
7位
日経メディカル7月号より、第3部 高額薬剤問題が医療に与える影響
8位
PMDA、再生医療等製品の品質や臨床試験などでガイダンス公表
9位
Wmの憂鬱、抗体医薬と抗体BSの開発を革新する福島の奇跡【日経バイオテクONLINE Vol.2487】
10位
【新連載】日本と米国のビジネス戦略考、米Theranos社に90億ドルの評価額が付いたカラクリ
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
2位
日経バイオテク7月11日号「特集」、次世代シーケンサーの新展開
3位
日経バイオテク6月27日号「特集」、骨髄由来の高機能な細胞集団が続々
4位
日経バイオテク6月27日号「リポート」、第19回米遺伝子細胞治療学会(ASGCT)現地報告
5位
日経バイオテク7月11日号「パイプライン研究」、炎症性腸疾患治療薬
6位
「ベンチャーでも導出には億単位の投資は必須」とボナックの林社長
7位
【訂正】日経バイオテク6月13日号「特集」、創薬ベンチャーの導出契約
8位
アンジェスMG、アトピー性皮膚炎治療薬のフェーズIIIで有効性示せず
9位
日本化薬、ナノキャリアから導入のNK105のフェーズIIIで有効性示せず
10位
Wmの憂鬱、NIH、クリニカル・グレードのヒトiPS細胞をとうとう供給へ【日経バイオテクONLINE Vol.2471】

分野別ランキング

1位
ジェネティックラボ、cfDNAなどの受託解析サービスを提供へ
2位
東大の濡木教授と阪大の伊川教授ら、精子IZUMO1への結合で重要な卵子JUNOのアミノ酸残基を特定
3位
国がんなど、室温保存の糞便でメタゲノム解析できることを証明
4位
【NGS特集連動2】JSPS、Oxford社のNGS「MinION」の技術講習会が東大柏で開幕
5位
【NGS特集連動1】東京農大、国立遺伝学研究所との包括協定でゲノム解析連携強化
6位
金沢大華山教授、「エクソソーム研究の進展には基盤整備が重要」
7位
シスメックス、産総研発の糖鎖解析ベンチャーと提携
8位
理研と京大、包括連携で協定締結し研究設備の相互利用などへ
9位
東京医科歯科大学、iPS細胞を使ったHBVの感染培養系を開発
10位
AMED、希少疾患などの患者登録ネットワークを構築へ
1位
【新連載】日本と米国のビジネス戦略考、米Theranos社に90億ドルの評価額が付いたカラクリ
2位
厚労省部会、2017年度のAMED事業方針を了承
3位
日本化薬、日医工、持田、Meijiの4社、バイオシミラー協議会を設立
4位
富士フイルムが和光純薬工業の買収を検討
5位
厚労行政を斬る、開発・審査段階等において欧米との連携を一層強化せよ
6位
北海道VC、「ほっかいどう地方創生ファンド」の組み入れ中
7位
【連載】寛和久満夫の深読み科学技術政策(第127回)、オープンイノベーションの現状と課題、その1
8位
「EU離脱対応で英政府が医薬品業界対応のWGを設置」と英誌報道
9位
遺伝子解析を手掛けるジナリスが倒産
10位
キョーリン製薬、ペプチドや核酸用いた創薬も推進へ
1位
日本製粉が初の機能性表示食品、コレステロール下げるαリノレン酸「アマニオイル」
2位
Brookhaven国立研究所、リグニン合成酵素を遺伝子操作し細胞壁構造改変
3位
豊田通商、Anellotech社へ事業パートナーとして出資
4位
トクホ茶競争は次ステージへ、花王は「ヘルシア緑茶a」を7月14日発売
5位
SBIとRIZAPが協業でヘルスケア産業の新時代にコミット
6位
国際アグリバイオ事業団 アグリバイオ最新情報【2016年6月】
7位
内閣府ImPACT、グリコのパプリカとキリンのビール苦味成分を表彰
8位
花王生物科学研、グレープフルーツの香り成分ヌートカトンに肥満抑制作用、作用点はAMPK活性化で運動持久力向上も
9位
北里大で開催の乳酸菌学会に260人、若手賞は明治、アサヒ、北里大
10位
Anellotech社、IFP Energies nouvelles、およびAxens社、非食用バイオマスから芳香族化学品を商業生産する技術を共同開発へ
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―生物学的製剤編
2位
杏林製薬、炎症・免疫・感染症でファースト・イン・クラス目指し創薬
3位
「数年前から技術紹介し、1年ほど前から協議」と高山社長
4位
PMDA、再生医療等製品の品質や臨床試験などでガイダンス公表
5位
AMED、IRUDの成人版をスタート
6位
DNAチップ研究所が関節リウマチ治療薬の効果を事前に予測するサービスを開始
7位
FDA、NGSを用いた検査のドラフトガイダンスを発表その1
8位
日本再生医療学会、自由診療の再生医療に対する補償制度を創設
9位
アルツハイマー病超早期介入の世界の専門家が東京に集結
10位
塩野義製薬、感染症に対する低分子の創薬でエヌビィ―健康研究所と共同研究
バイオ事業のご案内
広告お問い合わせ