テラ、樹状細胞ワクチンの医薬品化を目指す準備を開始

(2013.02.21 12:00)1pt
増田智子

 テラは2012年12月期(2012年度)の決算説明会を2013年2月20日に開催し、2012年度の実績を説明するとともに、2013年度以降の開発プロジェクトの計画を発表した。同社は医療機関向けに、がんに対する樹状細胞ワクチン療法の実施を支援するサービスを提供している。2012年度の売上高は対前期比16.8%増の15億4400万円、営業利益は2億2100万円、当期純利益は9900万円だった。

(訂正)自動培養装置の実地での性能評価試験はまだ実施されていません。訂正いたします。

ここから先をお読みいただくには、日経バイオテクONLINEの購読お申込みが必要です。

ログイン
  • ・日経バイオテクONLINEのサービス内容や購読お申し込みはこちら
    (ONLINEの無料トライアルもこちらからどうぞ。
    無料トライアルでも記事の続きがお読みいただけます。)

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧