ノバルティスファーマの三谷宏幸社長は、2013年の売り上げは高血圧治療薬ディオバンファミリー(「ディオバン」、「エックスフォージ」、「コディオ」)、糖尿病治療薬「エクア」、加齢黄斑変性治療薬「ルセンティス」などの寄与により10%程度の成長を成し遂げたいとの意欲を示している。同社が2013年2月12日に都内で開催した2012年業績発表、今後の戦略などに関する記者会見で明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)