米エネルギー省(DOE)傘下のBrookhaven National Laboratory(BNL)は2013年2月8日、同研究所の研究チームが長い炭素鎖分子であるアルカンの生合成サイクルを著しく改善することに成功したと発表した。チームはなぜ細胞内で起こるアルカン合成反応が通常3から5サイクルで停止してしまうのかを探究し、その知識を基にして反応を継続させるための戦略を考案した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)