第一三共は、産業革新機構と共同で新会社のOrphan Disease Treatment Instituteを設立し、核酸医薬に参入する。治療の標的とするのはデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)だ。2013年2月14日に発表した。国内製薬企業では屈指の核酸合成技術を持つとされる第一三共がついに医薬品化に動きだした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)