新薬や新たな治療法の費用対効果を調べ公的医療保険で採用すべきかどうかを決める医療技術評価(HTA)の導入が世界的に進んでいるが、HTAをいち早く取り入れた欧州ではその手法の是非を巡って論争が巻き起こっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)