京都大学大学院医学研究科付属動物実験施設の真下知士特定准教授らは、広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻の山本卓教授らとの共同研究により、人工酵素のTALエフェクターヌクレアーゼ(TALEN)を利用して、効率よくノックアウトラットを作製できる技術を開発した。DNA鎖の5'末端から分解する酵素であるエキソヌクレアーゼ(Exo1)をTALENと一緒にラット受精卵に導入することにより、遺伝子改変効率を5倍に高めた。2013年2月13日付のNature Publishing Group(NPG)のオープンアクセス誌Scientific Reportsで、この成果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)