米Georgia大学は2013年2月5日、同大学のComplex Carbohydrate Research Center(CCRC:複合糖質研究センター)の研究チームが、2つの異なるタイプの細胞壁多糖類であるペクチン(pectin)とアラビノキシラン(arabinoxylan)がアラビノガラクタンタンパク(AGP:arabinogalactan protein)として知られている細胞壁タンパク質と共有結合していることを発見した――と発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)