科学技術振興機構(JST)は、2013年度予算政府案において、2012年度を200億円以上上回る規模の予算を獲得した。重点的に予算が付けけられたのは、産学連携を通じた研究成果の事業化だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)