信州大学農学部の伴野潔教授らと信州TLOは、独自に育種した果肉が赤い「ハニールージュ」などリンゴ3品種について2012年12月、落葉果樹苗木生産販売専業の最大手である小町園(長野県上伊那郡中川村、松澤孝代表取締役)と独占契約を結んだ。小町園は2013年9月発行のカタログから信州大の3品種の掲載を始める。信州大はこの3品種について2012年8月23日に種苗登録を出願し、11月8日に出願が公表された。2013年から長野県内8カ所で試験栽培が始まる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)