理化学研究所播磨研究所の放射光科学総合研究センター(RIKEN SPring-8 Center;RSC)光源物理チームの田中隆次チームリーダーらは、X線自由電子レーザー(XFEL)施設が発振するX線レーザーのパルス幅を圧縮する新たな手法を考案した。この手法を理研のXFEL施設「SACLA」に適用するとパルス幅を約300倍に圧縮でき、従来に比べ高速の運動をリアルタイムかつ高精度で計測できるようになる。機能性材料や創薬に寄与する成果だ。米Physical Review Letters誌オンライン版で近日中に発表する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)