ライフサイエンス研究の基盤を支えるバイオITの世界で、ゲノム医療の登場を見据えた準備が始まっている。高速シーケンサーの普及で患者個人のゲノム解読が可能になり、データが生み出され始めている。患者の診断情報や治療経過など、既存の医療情報にゲノム情報を加え、より効果的で安全な医療を実施するためには、ITの支援が必須だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)