岡山大発ベンチャーの桃太郎源、発現効率改善した遺伝子治療薬を創製、米国で臨床試験実施へ

(2013.02.12 07:55)1pt
河野修己

 岡山大学発の創薬ベンチャーである桃太郎源(岡山市北区、塩見均社長=写真)が、新規遺伝子治療薬の製剤化に成功したことが分かった。米国でIND(Investigational New Drug)を提出し、臨床試験を開始する方針だ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧