岡山大学発の創薬ベンチャーである桃太郎源(岡山市北区、塩見均社長=写真)が、新規遺伝子治療薬の製剤化に成功したことが分かった。米国でIND(Investigational New Drug)を提出し、臨床試験を開始する方針だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)