第5回鈴木万平記念糖尿病国際賞を受賞した、糖尿病の権威であるChicago大学のGraeme Bell教授は2013年2月5日の記者会見で、京都大学の山中伸弥教授の発見したiPS細胞について、同発見は過去20年から25年で最も偉大な科学的発見と評価し、糖尿病研究を含め生物学などを大きく変化させていくと指摘したうえで、iPS細胞の活用により、糖尿病遺伝子のさらなる解明や膵β細胞研究での大きな知見がえられるのではないかとの見通を語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)