米Eli Lilly社は、2013年2月7日、抗BAFF(B細胞活性化因子)モノクローナル抗体tabalumabを関節リウマチ(RA)患者に適用する臨床開発プログラムを中止すると発表した。安全性に問題が見られたからではなく、効果が見られなかったことが中止の理由だという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)