大塚製薬は2013年2月6日、欧州における抗精神病薬「Abilify」(欧州の販売名、「エビリファイ」、アリピプラゾール)の適応拡大の承認を2013年1月24日に取得したと発表した。取得した適応症は「13歳以上の青年期の双極I型障害における中等度から重度の躁症状の改善」。同社によると、欧州においてこの年齢層を対象にした本適応の承認を受けた初の薬剤となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)