米University of Rochester医療センター(URMC)の研究チームが2013年2月7日にCell Stem Cell誌で発表した論文で、皮膚細胞を初期化することによって作製したヒト脳細胞が、多発性硬化症や小児性白質ジストロフィーと呼ばれるまれな小児疾患などの一連の疾患を引き起こすミエリン障害の治療として、極めて有効であることを示す研究結果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)