しょうゆは、健康に好ましい作用を期待して摂取される特定保健用食品(トクホ)としてふさわしい食品かどうか、という議論がようやく決着した。2012年に大ヒット商品を生み出したコーラに続き、しょうゆでも、近くトクホ表示が許可される見通しとなった。トクホ表示許可が申請されているのは、血圧が高めの人に適するしょうゆ。卓上用パッケージと調理用パッケージの両方について表示内容が検討され、トクホ許可表示のうち「摂取上の注意」の表示をより明確化するという条件を付けて認められた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)