英Bangor大学は2013年2月1日、熱帯で「グリーン」バイオ燃料用としてパーム油を採取するためヤシの木を栽培すると気候変動を加速すると、同校の研究者を中心とする国際チームが指摘したと発表した。研究者らは、熱帯泥炭地帯にヤシの木のプランテーションを造ると先史時代の二酸化炭素を大気中に放出してしまうとして、バイオ燃料用作物の栽培で温室効果ガスの排出を削減できるという考え方に疑問を投げかけた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)