東京理科大学理学部応用化学科の椎名勇教授(写真中央)、がん研究会がん化学療法センター分子薬理部の旦慎吾副部長(写真右)と大橋愛美主任研究助手(写真左)らは、ゴルジ体の小胞体輸送機能の阻害作用を持つ化合物の全合成に成功し、Journal of Medicinal Chemistryに、2013年2月7日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)