味の素と韓国Genexine社との合弁会社であるAjinomoto Genexine社(韓国仁川広域市経済自由区域、仁志聖彦社長)は、約28億円(約350億ウォン)を投資して、韓国仁川広域市経済自由区域にバイオ医薬品の製造に用いる医薬・医療用培地を生産する新工場を建設することを2013年2月4日に発表した。本格稼働は2014年7月を予定している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)