三重大学大学院地域イノベーション学研究科三島隆准教授と学生の長谷亮氏らは、国内耕作放棄地のエネルギーファーム化、石油代替エネルギーの確保、生産コストの低減などの課題を解決すべく、国内外で牧草として栽培されているスイートソルガムに着目し研究を行っている。この研究はキーテクノロジーとして、国内における微生物資源の有効活用や遺伝子組み換え株でない微生物利用によるプラント設計コスト削減・環境への影響最小化を活用している。この研究は、今後のバイオエネルギー分野の革新的技術になる可能性を秘めている

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)