ヤクルト本社は、Bifidobacterium breve ヤクルト株とガラクトオリゴ糖を含む発酵乳「ミルミルS」を飲用すると、肌の乾燥を抑制できることを、肌が乾燥しやすい秋季から冬季に実施した健康な成人女性対象の試験で見いだした。日本ビフィズス菌センターと日本食品免疫学会、日本乳酸菌学会の3組織が合同で2012年に創刊したオープンアクセスのオンラインジャーナルであるBioscience of Microbiota, Food and Health誌で、2013年1月31日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)