米Pennsylcania大学のXiaolu Yang氏らは、2013年1月13日、がん抑制遺伝子として知られるp53が、クエン酸回路にかかわるリンゴ酸酵素との活性制御を通じて、代謝と老化の両方に役割を果たすことを明らかにしたと発表した。詳細は、Nature誌電子版に同日報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)