科学技術振興機構(JST)は2013年2月1日、2013年度新規施策「再生医療実現拠点ネットワークプログラム」の「iPS細胞研究中核拠点」「疾患・組織別実用化研究拠点」「技術開発個別課題」について大学などからの提案募集を開始した。国際競争が激化しているiPS細胞等を用いた再生医療について、日本のアドバンテージを活かし、世界に先駆けて臨床応用をするべく研究開発を加速するとともに、日本のiPS細胞関連産業(再生医療・創薬、細胞製造、装置、培地など)の育成に資することを期待するプログラムだ。2012年度補正予算と2013年度政府予算の成立を前提としている。2012年度補正予算を財源として別途、事業の遂行に必要な設備の整備を行う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)