米Eli Lilly社は2013年1月31日、米メディケア&メディケイド・サービスセンター(CMS)が開催した公聴会であるメディケアの科学的根拠開発・保険適用範囲諮問委員会(MEDCAC)会議において、イメージング、神経学、認知症領域の医療専門家が「Amyvid」(一般名:Florbetapir F 18注射薬)などのβアミロイド造影薬の臨床上の有用性を支持するエビデンスを発表したと報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)