インド特許局は2012年3月、ドイツBayer社の抗がん剤Sorafenibについて、現行法で初めて、Compulsory License(強制実施権)を発動した。さらに、スイスRoche

社のTrastuzumab、英Bristol-Myers Squibb社のDasatinibとIxabepiloneについても措置を検討中だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)