年明け以降、極めて希少な疾患を対象とした医薬品分野で買収の発表が相次いだ。オーファンドラッグ分野ではここ数年、買収や提携などの取引が活発化しているが、勢いは依然衰えていない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)