米Alnylam Pharmaceuticals社は、2013年1月30日、脂質ナノ粒子(LNP)を用いて全身性に送達するRNAi治療薬ALN-VSPのフェーズIとその延長試験の結果が、スペインVall d'Hebron大学病院のJosep Tabernero氏らにより、Cancer Discovery誌電子版に1月28日に発表されたことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)