米ワシントンD.C.にある米コロンビア特別区巡回控訴裁判所は2013年1月25日、再生可能燃料基準(RFS)の下で定められた先進バイオ燃料の使用義務は支持するが、セルロースバイオ燃料の使用目標をリセットするよう米環境保護局(EPA)に命じる判決を下した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)