東京大学医科学研究所の中内啓光教授は2013年1月27日、神戸市で開催されたシンポジウム「iPS細胞―再生医学研究の最前線」で、iPS細胞技術を利用した新しい免疫治療について講演した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)