持田製薬は2013年1月28日、都内で記者懇親会を開催した。関連会社を含め、総勢12人の役員が出席した。同社は、循環器、産婦人科、皮膚科、救急、精神科といった重点領域に資源を集中、難治性疾患の新薬開発にも挑戦するとともにバイオ後続品、抗がん剤の後発品事業も拡充する計画だ。2012年度の売上高は885億円(前期比2.7%増)、営業利益121億円(同18.9%減)、当期純利益77億円(同15.2%減)の増収減益を見込んでいる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)