科学技術振興機構(JST)は2013年1月28日、「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)」の「本格研究開発ステージ実用化挑戦タイプ」に、アールテック・ウエノが網膜色素変性症治療薬として開発中のウノプロストンを採択した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)