患者数が極めて少ない希少疾病を対象とした治療薬であるオーファンドラッグへの製薬企業の取り組みに変化が表れつつある。従来、限定的な売り上げしか見込めないオーファンドラッグの研究開発に対して、製薬企業は積極的に関わってこなかった。その傾向は海外、日本とも同様だった。しかし、ファーママーケティング・コンサルタントの井上良一氏は、「オーファンドラッグは一部の専門企業に任せておけばいいという古典的概念は、今や完全に間違っている」と指摘する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)